ED(勃起不全)とは

EDとはErectile Dysfunctionの頭文字からなり、日本語では勃起不全と呼ばれます。

男性ならではの症状で、性交時に十分な勃起が得られない、または維持できないなど、満足な性交が行えない「性機能障害」の一種です。

年齢別では、40代に入るとEDの割合が急増し、50~60代の半数がEDという1998年の調査結果がありますが、ストレス社会の現在では、もっと数が増えていると予想されております。

勃起のメカニズムとは

勃起には2種類あり、1つは女性の裸をみたり、想像してりする精神的な「中枢性勃起」です。

もう1つは触られるなどの物理的刺激による「反射性勃起」です。

2つの性的興奮により勃起が起こり、スポンジのような構造の陰茎海綿体に大量の血液が流れ込むことで膨張し硬くなります。

また、海綿体が静脈を圧迫し血液の流出を防ぐことで勃起を維持します。

勃起の抑制にはホスホジエステラーゼと呼ばれる酵素が働くことで血流が体に流れることで落つきます。

そのため、勃起には精神的なものと健康な血液の流れなどが重要となります。

ED(勃起不全)の原因は?

ED(勃起不全)の原因はさまざまですが、主に4つあります。

加齢によるもの、心因的要因のもの、生活習慣病によるもの、薬や怪我によるものです。

心因的要因のものは、仕事での疲れや不安、パートナーとの相性など年齢に関係なく若い人にも多くみられます。

加齢による生活習慣病の多くは動脈硬化の影響があります。

勃起にはペニスに大量の血液が流れ込むことが必要です。

動脈硬化など血管が狭くなった状態ですと、ペニスに満足な血液が流れ込めなくなってしまいます。

抗うつ薬など服用している方も興奮を感じにくくなり勃起にならないこともございます。

↑ PAGE TOP